中古車を売るときに用意しておくもの 

自動車を売却するときには、いくつかの書類が必要となります。普通自動車の場合、自動車検査証、印鑑登録証明書、自賠責保険証明書、自動車納税証明書、そして実印と振込み口座が必要となります。振込み口座は、振込先がわかればよいのでメモでもOKです。また、リサイクル券を持っている場合はリサイクル券も必要です。

軽自動車の場合は、自動車車検証、自賠責保険証明書、軽自動車納税証明書、実印もしくは認印、リサイクル券が必要となります。また、結婚により姓が変わった場合は戸籍謄本が必要となり、引越しなどで住所が変わった場合は住民票が必要となります。ただし、初めての住所変更で、自動車車検証と印鑑証明書の住所が異なるという場合は住民票が必要ですが、複数回住所変更していれば、戸籍の附票もしくは住民票の附票が必要となります。

もしも必要となる書類の中に紛失しているものがあれば、再発行の手続きを取りましょう。自動車車検証は運輸支局、自賠責保険証明は契約した保険会社、自動車納税証明書は自動車税管理事務所か都道府県の税務署などで手続きを行うと、それぞれ再発行することができます。

車 買取 シュミレーション